相続開始から3か月経過後の相続放棄

被相続人がお亡くなりになってから3か月経過後の相続放棄は、3か月以内の相続放棄に比べて、慎重に手続きを進める必要があります。

家庭裁判所も民法の定める3か月の例外をそう簡単には認めてくれることはありません。

なぜ、自分が今、相続放棄の申述が認められるべきなのか、を過去の裁判例と自分の事情を照らし合わせて家庭裁判所に理解してもらうよう、書面で説明をする必要があります。

当事務所にご依頼頂ければ、お客様のお話をお伺いしながら司法書士が事情を整理して、裁判所にも分かりやすいようにまとめた書面を作成致しますので、安心してご依頼下さい。

相続開始から3か月経過後の相続放棄が認められるためのポイント

 相続財産を自分のために処分していない

例えば、被相続人名義の預金などを引き出して生活費などに使用している場合は、この要件を満たさないことがあります。

 3か月以内に相続放棄をしなかったことについて、相続人に責任がないと言える

例えば、被相続人と長い間別居していて、被相続人に借金があった事を相続人が認識している可能性が極めて低い事を具体的に説明できる場合などです。

上記のような相続開始から3か月後の相続放棄が認められるポイントがあるかないかの確認をよく行ったうえで、要件を満たすと思われる場合は、その具体的な内容を相続放棄申述書に詳細に記載して申立てを行います。

なお、3か月経過後の相続放棄の場合は、比較的細かく事情をお聞き致しますので、何卒ご協力下さい。

家庭裁判所に相続放棄の申述をした後の流れ

必要書類を揃えて、被相続人の最後の住所地の家庭裁判所へ「相続放棄申述書」を提出します。

当事務所にご依頼頂ければ、必要書類の収集、相続放棄申述書の提出はすべて当事務所が代行致します。

相続放棄の必要書類の中には戸籍謄本が含まれています。

親御様の相続にまつわる戸籍謄本は比較的スムーズに集められるのですが、伯父様・伯母様の相続にまつわる戸籍謄本の収集はかなり手間がかかります。

そのような場合は当事務所に戸籍収集代行をご依頼頂ければ、お客様の手を煩わせずに手続が進みますので、利用をご検討下さい。

被相続人の最後の住所地とは、お亡くなりになった方が最後に住んでいた住所のことで、この住所を管轄する家庭裁判所が相続放棄の申述の窓口となる裁判所です。

家庭裁判所に相続放棄の申述書を提出してから、約2週間(この期間は、各地の家庭裁判所により異なります)で、家庭裁判所から、「照会書(質問書)」がご自宅に届きます。

この照会書は、家庭裁判所が相続放棄の申述を認めるかどうかの判断をするために必要な質問が記載されています。

当事務所にご依頼頂いた場合は、この照会書にどのように回答したらよいか、についてご案内をしておりますので、照会書がお手元に届きましたら、当事務所までご連絡下さい。

照会書に回答して家庭裁判所に返送をしてから約2週間でご自宅に家庭裁判所から「相続放棄申述受理通知書」が届きます。

この書類が届いたら、お客様の相続放棄手続きは完了です。

対応可能地域


関東全域

東京都
立川市、八王子市、国立市、昭島市、武蔵村山市、東大和市、国分寺市、府中市、日野市、東京都三多摩エリア、東京都23区内、他全域
山梨県
甲府市、上野原市、大月市、都留市、他全域
神奈川県
横浜市、川崎市、相模原市、他全域
千葉県
千葉市、市川市、船橋市、柏市、習志野市、他全域
埼玉県
さいたま市、川越市、所沢市、他全域
茨城県、群馬県、栃木県

上記エリア以外の方からのご相談もお待ちしております。

トップページ
相続放棄の制度
相続発生後3か月以内の相続放棄
相続発生後3か月経過後の相続放棄
債務の相続を知るきっかけ
相続放棄Q&A
手続きの流れ
手続き費用
事務所概要
リンク

事務所案内

エール立川司法書士事務所

司法書士 萩原 啓介

〒190-0023
東京都立川市柴崎町3-10-5
大雅ビル2階
TEL:042-533-4711
MAIL:相続放棄のメール相談はこちら
※メーラーが起動します。
未設定の方…アドレスはこちら→
soudan.s@air-tachikawa.com
HP:相続放棄・債務整理のエール立川司法書士事務所HPはこちら

Copyright© 2009-2011
エール立川司法書士事務所
All Rights Reserved.
Powerd by K2 HTML Templates